加藤こま

フーテンのこまさん♡



記事一覧(9)

"自分への道"

ダイアモンド・ロゴスのコースを準備している加藤こまです (^^) コースが始まるまで、あと1ヶ月と少しになりました。本当に待ちきれないほど楽しみにしています。で、コースについて、もう少し....

本コースは7回に渡ってコミット性があり、深くプロセスされる構成となっています。ここでのコミットとは "自分への道" に対する本格的な取り組みのこと。 
ダイアモンド・ロゴス・ティーチングスのコースを初めて受けられる人は、イエロー、ホワイト、レッド、グリーン、ブラックのエッセンス・ワークから入ります...が !!! 
日本で開催される本コースは、プラス的な素晴らしい構成となっており、通常、スーパーエゴやインクワイリー、エニアグラムといった理解はエッセンス・ワークの中で時間を割いて伝えられるのですが、今回、2人のティーチャーが交互にコースに関わって... 
スーパーエゴ、インクワイアリー、エニアグラムがそれ自体のコースとして導入されることは、私たちの理解がうやむやになることなく、エッセンス・ワークへのプロセスを正しく方向づけてくれる助けになります。 
また、ひとりのティーチャーから...よりも、ふたりのティーチャーから...は、私たちの視野も偏らず、中立的なスペースが保たれ、それ自体も安全性と言う着地点に止まっていることができます。 
さて、私がこのコースに関して特に強調したい点は...

"自分への道" .... この一言に尽きます。

ここに存在している自分をどう認識するか?
自分が起こす反応、振る舞い、行動、
それらはいかに動機付けられ、それをどこまで認識しているか?
(内的外的要因による心理的な過程) 
まずは、ここですね  ジャングルの中で、怯えているか? ジャングルの中で、威嚇するか? ジャングルの中で、姿を消し隠れているか? もしくは、ジャングルそのものを操作しているか? 
その "ジャングル自体" が自分自身であることに気づきもしません。 
"自分への道" はまず、
自分というカラクリがどうなっているのか? 
そこから始まります。

私はいろんなワークを受けてきましたが、ダイアモンド・ロゴスはシンプルかつ、個人の洞察的な力がとても及ぶ素晴らしいワークとして体験し続けています。 
この洞察力を発達させる、もしくは開眼させることが私たちの同じ見方、同じ決まりごと、同じ考え、自分に対しての無関心さに風穴をあけるでしょう。 
ほんと、私自身のことでもありますが、
「えっ? そこまで、その考えに自分を縛り付けているのか?」
と、自分に対して大きなショックを受けるほどです。 
これが正しいと自分に言い聞かせ、そのように遂行する自分は
まるで何かに操られているパペットのようです。

操っているのは "私"  ダイアモンド・ロゴスのワークはこの "私"という束縛服から自由になることです。 『ダイアモンド・ロゴス体験的、説明会』
6月3日(日曜日)午後1時〜後後5時ごろまで
参加は無料、お申し込み info@healingart.jp 加藤こま

本コースのスタートは7月5日から、
オフィシャルサイト:https://diamondlogos-japan.localinfo.jp

 体と心と魂は三原則

なぜ、ダイアモンド・ロゴスなのか?
- を、根気よくシェアー (^^) 
セラピーから瞑想までの道のりは、
自分に何が起こっているのかを知ることから始まり、 セラピーであれ、瞑想であれ、何であれ、
手放すプロセスを踏んで、傷を癒す、または、我が家に至る..ですね。 
どんな瞑想であれ、どんな種類のヒーリング・ワークであれ、 どんな形のセラピーであれ、基本的な事はひとつ、それは自分について。 
永遠のテーマな感じですが、”自分について” です。 体と心、そして魂、自分という世界。 どんな世界が展開されているか? を知ることが セラピーでれ、瞑想であれ、その扉を開く重要な鍵となります。 
そして、体と心と魂は私たちの三原則。  ダイアモンド・ロゴスはこの三原則の中の
特に、心と魂のワークだと言えます。 もちろん、体はそれらから切り離されてはいませんので
間接的なワークがなされます。 
ダイアモンド・ロゴスのプロセスを分かりやすく説明するには、 人が持つ生来の資質のひとつを例として取り上げるのがいいかもしれません。 
ちなみに、生来の資質や能力とは何か?  愛(誰もが欲してやみません、純粋さに関わっています) 意思(これが無ければまるでロボットです、自分で決めること、決断力ですね) 勇気(内から湧き出る力で自分が力強いと感じられます、信頼、自信につながります) 喜び(達成感や満足感とともに感じられる至福の感覚です) 平和(心が満たされた感覚ですね、自分の中に広がりを感じます) 情熱(内的パワーの表れです、性的エネルギーにも関わります) 静寂(あやゆることが無に還元され静かになることです、ゼロの地点)  などなどですが、強弱はあるものの誰しも感じたことがある感覚で、 これらは個人の意識と体験に関わっています。 また、人に与えてもらうものではなく、自分の中にそれが起こります。 
さて、このような資質や能力がうまく機能しない、または、 それらが起こると恐怖を感じてしまう、または、
他人様に申し訳なく思う…. などなどありますか?  ひとつを取り上げて見ましょう。 
愛、これは分かりやすいし、その他の多くにも関連します。 愛にも種類がありますが、親子の愛、異性の愛、超越した愛など 
これらに関する個人の経歴云々は個人個人でして見てね。 ここでは、"超越した愛” 以外の愛の質について
皆さんが経験しているであろうこと… 
親の愛は - 保護、知識の伝授、コミュニティ、助け合い、認める/認められる、信頼、 etc 異性の愛は - ハートが開く、交わる、与える/与えられる、明け渡す、ひとつになる、満たされる、etc
 愛は、信頼と明け渡し、溶け合う、共鳴し合う
そして、体も、心も喜び満たされる。  信頼が育つと物事はうまくいき、人との共鳴は関係性を潤滑に運びます。 しかし、この資質や能力の裏側に隠れた側面も同時に経験されます。  嫉妬、裏切り、憎しみ、暴力、カオス、その後に起こる症状は 無気力、恥、混乱、不感症、無関心、自損喪失、競争、過小評価、などなど。 
大なり小なり、私たちはこの天国と地獄の間をうまく生き抜いていきます。 
愛と憎しみ、この1つのコインの裏表の仕組みを知るのが
ダイアモンド・ロゴスです。 
精神世界では、マインドのなせる技だと一言で済むかもしれません。 だからと言って、そこから自由になるのは簡単ではありません。 まずは、その仕組みをよく知ることが大きな助けとなります。 
心理セラピーにおいては問題に注目することだけでは解決しません。 内的リソース、生来の資質や能力に蓋をしているものは何か?
から始めることで神経症的外層の症状の根本原因を開いていきます。 
ダイアモンド・ロゴスのワークはとてもシンプルですが、 とても深く私たちの本質に働きかけることができます。 
その基本は、人として生まれ持つ生来の資質と能力に蓋をしているもの それを知り、徐々にその蓋を柔やげていきます。 
まるで、生まれたての赤ちゃんが
初めて自分の能力を知り、驚くようにそれが体験されます。  ------------------------------------------------------------------最初のコース:『DLTの紹介と、イエロー・エッセンス&ソウル・チャイルド』日程:2018年7月5日〜8日会場:東京都品川区西五反田お問い合わせ:info@healingart.jpオフィシャル・サイト:https://diamondlogos-japan.localinfo.jp

自分を育てる

愛や至福、喜びや純粋さ、自由性、意思や信頼、誠実性、平和や静寂、情熱や快楽、活力やパワー、継続力や持続性、これらを上手に発揮できない、または感じられない…、私には遠い話である…。 人間が本来持ち得る資質や能力を発揮できない/感じられない場合、この資質や能力は幼児の早い時期で拒絶されたか、もしくは育つことができない環境にあった可能性があります。
現代社会において、ほとんどの私達が大なり小なり、そのような環境にありました。まさに軽度の発達性トラウマと言えるかもしれません。鬱や引っ込み、過食症、神経症、活力減退、ストレス症、不安症などの症状を引き起こす要因となりえます。
まるで、愛や至福、喜びや純粋さ、自由性、意思や信頼、誠実性、平和や静寂、情熱や快楽、活力やパワー、継続力や持続性 – の上に蓋をされたようなものです。これらに間違った考えを与え、恥ずべきものと誤解されたのは何故でしょう? 
誰もが素晴らしい質だと知っているのに、それが起こったその瞬間、素直に表現することに恐怖を感じます。拒絶、拒否、無視、からかわれる、笑われる、バカにされる、嫉妬される、反撃される、が頭の中に浮かびます。そして自分もそのように振る舞うことで社会性の一員になろうとします。集団性不感症です。 人間は残念ながら喜びの中でのみ生きることはできません。喜びを味わうことが出来るのと同じように痛みも味わうことができます。至福はそれを同じように分け隔てなく知覚できる能力の上にあります。痛みは決して敵ではないのです。痛みは私達に深さを体験させてくれます。
不感症は、痛みを感じないようにすれば、喜びも感じられなくなります。もしくは、ちょっとの喜びと、ちょっとの痛みの、低感度に引き下げている可能性もあります。喜びが湧き上がった時、それを小さな箱に可愛く包み込んでしまいませんか? 喜びが湧き上がった時、体全体で喜びを体感する次元に自分を置くことはありますか?  私たちは知っています、喜びは長続きせず、一瞬の感覚であると。しかし、それは事実でしょうか? 喜びが湧き上がった瞬間、それを体、そして自分の存在の全てで体感することで、その炎は体の中に燃え続けることができます。小さな箱の中で喜びの残像として忘れ去られているのではありません。 活力やパワー、意思や信頼、誠実性、これらは継続力や持続性の力を与えます。情熱や快楽、喜びや純粋さ、愛や至福は、天からの贈り物です。平和や静寂、これらは私達存在の広がりと深遠さです。このような能力を回復する、または育てることができます。そして、それは日常生活の中での気づきとともに成長していきます。 ------------------------------------------------------7 retreats in DLT - 2018年7月5日〜8日の『DLTの紹介、イエロー・エッセンス&ソウルチャイルド』から始まります。お問い合わせ:info@healingart.jp 加藤こま

インクワイアリー

2018年7月から始まるDLTの7つのコースで、個人の精神性を探求します。 
私たちの体と心は本質的な資質 – 愛、喜び、活力、パワー、幸福、情熱、心地よさ、信頼性、継続性、満足感、充足感、感謝、深まり、静寂、沈黙…などを直接体験する能力を持っています。この直接体験を抑止している “何か” を知り、良い悪いに関わらず受け止め、体験を生かす能力が育つ環境を自分の中で広げることができます。 エッセンス・ワークでは個人の能力を伝統的スーフィズムのラタイフ体系を用いて探求します。 
イエロー・ライティファ(純粋な喜びと好奇心、至福) レッド・ラティファ(情熱と活力、勇気)  ホワイト・ラティファ(意思、信頼、支え、持続力、自信) 
グリーン・ラティファ(癒しの蜜、慈悲) ブラック・ラティファ(静寂、個人のパワー、直感) 
ディープブルー・ラティファ(鎮静、信頼、明け渡し) 私たちはインクワイアリーという手法を用います。インクワイアリーは内的探求の問い掛け(自問自答)であり、 
自己探求を本質的レベルに押し上げる重要なプロセスです。実際にはこの自問自答は参加者同士が助け合いながら行います。 
インクワイアリーは内なる自己探求の忠実な案内役となり、真摯に向き合うことで私たち自身の内側から誠実な回答が得られます。インクワイアリーはどんな時にも、どんな問題にも使うことができ、とても深い理解をもたらす助けとなります。 インクワイアリーは私たち自身が何者であるかの扉を開いてくれます。同時に、今この瞬間の直接体験につながる扉でもあります。この練習は悟りの境地にまで導いてくれます。公案 who is in や who am I に共通した作業でもあります。  DLTで用いるインクワイアリーはエクササイズとして、それぞれのエッセンス(ラティファ)から個人の能力を妨げている事象に対して行うのでブロックされたエネルギーが解放に向かい、閉じ込められた魂を救う助けになります。また、インクワイアリーの練習によって “直接体験” を体験することで自分を取り戻すことの喜び、力強さを感じることができます。 このエクササイズは発達性トラウマのワークになり得ると考えられます。DLTでは傷を癒し解放することが目的ではないと言います、しかし、エクササイズを通してそれが起こることは確実であり、また、真実に触れることで自分を正しく認識することができます。DLTは生来の資質や能力を回復し、個人が、それぞれのユニーク性を自由にします。目的に向かうのではなく、直接体験の中で充足しながら人生と言う旅をします。-----------------------------------------------------『7 retreats in DLT』は - 2018年7月5日〜8日DLTの紹介、イエローエッセンス&ソウル・チャイルドから始まります。お問い合わせ:info@healingart.jp 加藤こま

DLT どんな人にお勧めしたいか

ダイアモンド・ロゴス
どんな人にお勧めしたいか?① 瞑想を続けている人、瞑想に興味がある人② 自分を知りたい人、本来の自分を取り戻した人③ これまでいろんなワークを受けたがちゃんと理解したい人④ ヒーリングワークに関わるセラピスト あくまでも私の経験ですが....
私も1987年から本格的な瞑想の道に入りました。 瞑想の道に入ることで私自身の人生は180度代わり、 そして、360度戻ってマーケットプレースの中での瞑想にいます。 これは簡単ではなく、人里離れた場所や瞑想が染み込んだ場所にいるといい感じですが 社会の中、人との関係性の中で自分の瞑想と
ともにいるのは難しいね。 なぜ、自分の純粋さ、自然な自分でいるのがが難しいか? そのままの自分で充足されないのか? この部分が瞑想するだけで十分に補われないのは 根本的に、自分を理解していない 自分以外が気になって仕方がない 瞑想で深く静まる⇢人と交わって自分を失う⇢自己嫌悪しながらまた瞑想に入る⇢少し理解したようでもまだ不安がいっぱい この不安、瞑想を吹く飛ばすほどの威力がある ダイアモンド・ロゴスに...
『セオリー・オブ・ホール/穴の理論』があります。 私たちの不安や苦しみは、
自分自身でいること、自分の本質的能力との
つながりを失うことで起こります。 繋がれなければ、
そこにぽっかりと穴が空いたように感じられる。 成長過程における発達性トラウマ、 衝撃的事故や事件によるショック・トラウマ
なども関係します。 ダイアモンド・ロゴスのワークではこういった内容や それによって頑なになる人格形成についても知ります。 これこそ、瞑想を妨げる大きな要因でもあり、 自分自身のここをしっかり理解することは
瞑想を深めるプロセスにつながります。 自分を見るのは苦手と思われる方もいるでしょう、 しかし、ダイアモンド・ロドスのワークは
いたってシンプルであり、脅迫的なセラピーでもありません。 理解する材料が与えられ、エクササイズは自分のペースで
自分自身が開いて展開して行くのです。 何を理解するか?私たちが人として生まれ、その生来の資質、能力は何か? 魂と身体、知る・考える能力、感じる・味わう・聞く知覚力 体感する、理解する、さらに広める、先に進める 意思、愛、思いやり、つながる、関わる、深める満足する
悲しみを受け止める、痛みから立ち直る.... 上記を妨げるものは何かを理解する そして、二人の兄弟(恥と非難)の囁きに気づくようになります。 これは人格にも関わり、馴染みの自分の条件反射についてです。 自分自身に対して、他者に対して、偽りの "自分" を展開させ、 それを続けることで本当に、本当に、自分を見失っていきます。 ダイアモンド・ロゴスの紹介 加藤こま 

2018年から始まる本格的コース

DLTがやっと日本に上陸します。このワークは西洋心理学と東洋神秘学がバランスよく、私たち人間の真髄に触れるとても画期的なワークです。人間の尊厳と自由性、個人のユニークな個性を認め、それとともに生きる方法と気づきを養うことのできるワークです。ヒーリングワーク、セラピーに携わっている人、瞑想を愛す精神修行者にとって目に鱗ではないでしょうか。一番大事な理解を後回しにしてきたこと、なぜ後回しにしてきたのか?自我と超自我の心理体系をしっかりと理解します。また、人として生まれ本来備わる能力と資質、愛、信頼、持続性、喜び、意思、力強さ、慈悲、充足感、平和、内なる静寂などこれらは私たちの誰もが体験する質であり、失うことはできないのです。コースの内容と日程2018年7月5日〜8日 ダイアモンド・ロゴスの紹介&イエローエッセンス with Emilio2018年10月25日〜28日 インクワイアリーのプロセス、内なる世界を巡航する with Bhadrena2019年4月11日〜14日 レッドエッセンス&ホワイトエッセンス with Emilio2019年9月5日〜8日 スーパーエゴ、口やかましい自己批判の内なる声 with Bhadrena2019年11月28日〜12月1日 グリーンエッセンス&ブラックエッセンス with Emilio2020年2月20日〜23日 エニアグラム、人格の固定化 with Bhadrena2020年7月2日〜5日 ディープブルー&ブラックの完了 with Emilio開催場所:東京都品川区日五反田コース料金:4日間コース毎のお支払い 98,000円お問い合わせ、お申し込み:info@healingart.jp 加藤こま

Welcome to Diamond Logos Japan

日本ダイアモンド・ロゴス・ティーチングへようこそ 
DLT(ダイアモンド・ロゴス・ティーチングスの略)の創始者はFaisal Muqaddamです。1946年にクウェートで生まれました。彼が生まれた当時のクウェートの田舎では電気もなく、薪や家畜のふんなどで火を起こしパンを焼いていたそうです。そのような地でスーフィーの神秘な教えが受け継がれてきました。Faisalのワークの経歴は1969年から始まり、スピリチュアル心理学のティーチャーとなりました。その後48年ほどに渡り、パブリックトークやグループリトリートを通して世界に向けて教えを説いています。 
DLTの始まり: 学生だった Faisal は 学業を積むためにアメリカに渡りました。クウェートからやってきた彼を待ち受けていたアメリカの情勢や世界の様は驚きだったそうです。その生活の中での様々な経験から真理の世界へ導かれ、同郷の友人A.H. Almaas と共に現代心理学、宗教学、精神と体のセラピーなど通じて東洋と西洋が出会う観点からダイアモンド・ガイダンスを体系化し発展させることができました。そして、ダイアモンド・アプローチを伝えるスクールを開設するに至ります。  その後、Faisal は Almaas と袂を分かち、彼自身のワークをダイアモンド・ロゴス・ティーチングスとし、現在なお、教えを広げています。Almaas はこのワークに関する本をたくさん出版しています。もし、英語で読める人がいたら購読をお勧めします。Almaasはさらに体系化を進め、Faisalは詩人のように自由なハートを展開させました。私は Faisal に彼のコースでお会いしていますが、実際、彼に会ってみると、とてもチャーミングな人柄で会うたびに私の中の静寂に触れ、同時に心が解放される深い癒しの体験をしています。 
Faisal はこの体に宿った魂に全てが集約されていると言います。それは、アブソリュート・ドメイン(絶対性の領域)、エッセンシャル・ドメイン(本質性の領域)、ワールドリィ・ドメイン(物質・社会性の領域)が出会う実質的な実体であり、ゆえにすべての領域を具体化しています。私たち自身が神性であり、本質的要素であり、自我であり、肉体を持つことでこれらを統合するためにやって来たと言います。魂の旅(到達点に向かう)ではなく、魂が旅をする(体験する)ことよってそれが成し遂げられると彼は言います。Faisal は魂をpoint of lightと呼び、すべての私たちの中に点在する神と位置づけます。それは個性化された実体であり、無限の空間と時間を旅しながら進化していきます。 
ダイアモンド・ロゴスのワークはただ自分を発見する、自分を取り戻すだけのワークではありません。あなた自身のことであり、すべてがあなたの中にあり、すべてのドメイン(領域)を含む全体が輝かしいあなたの王国であることを理解します。そして、ダイアモンド・ロゴスのワークはあなたがその王国の主人であることを知らせます。言い換えると - 真我への帰還です。Faisalの言葉を使うと真我は beloved self です、十分に熟してbeloved self とひとつになるように point of lightのそれぞれの側面(エッセンス)である、幸福、愛、喜び、勇気、意思、静寂などの異なる属性と一体化するのがこのワークの目的です。ワークの的確さは個人の存在に深く達し、真理の道が開かれます。ゆえに、多くのセラピストや瞑想の探求者に支持されています。