体と心と魂は三原則


なぜ、ダイアモンド・ロゴスなのか? - を、根気よくシェアー (^^) 

セラピーから瞑想までの道のりは、 自分に何が起こっているのかを知ることから始まり、 

セラピーであれ、瞑想であれ、何であれ、 手放すプロセスを踏んで、

傷を癒す、または、我が家に至る..ですね。 


どんな瞑想であれ、どんな種類のヒーリング・ワークであれ、 

どんな形のセラピーであれ、基本的な事はひとつ、それは自分について。 

永遠のテーマな感じですが、”自分について” です。 


体と心、そして魂、自分という世界。 

どんな世界が展開されているか? を知ることが 

セラピーでれ、瞑想であれ、その扉を開く重要な鍵となります。 


そして、体と心と魂は私たちの三原則。  


ダイアモンド・ロゴスはこの三原則の中の 特に、心と魂のワークだと言えます。 

もちろん、体はそれらから切り離されてはいませんので 間接的なワークがなされます。 


ダイアモンド・ロゴスのプロセスを分かりやすく説明するには、 

人が持つ生来の資質のひとつを例として取り上げるのがいいかもしれません。 


ちなみに、生来の資質や能力とは何か?  


愛(誰もが欲してやみません、純粋さに関わっています) 

意思(これが無ければまるでロボットです、自分で決めること、決断力ですね) 

勇気(内から湧き出る力で自分が力強いと感じられます、信頼、自信につながります) 

喜び(達成感や満足感とともに感じられる至福の感覚です) 

平和(心が満たされた感覚ですね、自分の中に広がりを感じます) 

情熱(内的パワーの表れです、性的エネルギーにも関わります) 

静寂(あやゆることが無に還元され静かになることです、ゼロの地点) 


 などなどですが、強弱はあるものの誰しも感じたことがある感覚で、 

これらは個人の意識と体験に関わっています。 

また、人に与えてもらうものではなく、自分の中にそれが起こります。 


さて、このような資質や能力がうまく機能しない、または、 

それらが起こると恐怖を感じてしまう、

または、 他人様に申し訳なく思う…. などなどありますか? 


 ひとつを取り上げて見ましょう。 

愛、これは分かりやすいし、その他の多くにも関連します。 

愛にも種類がありますが、親子の愛、異性の愛、超越した愛など 

これらに関する個人の経歴云々は個人個人でして見てね。 

ここでは、"超越した愛” 以外の愛の質について 皆さんが経験しているであろうこと… 


親の愛は - 保護、知識の伝授、コミュニティ、助け合い、認める/認められる、信頼、 etc 

異性の愛は - ハートが開く、交わる、与える/与えられる、明け渡す、ひとつになる、満たされる、etc  


愛は、信頼と明け渡し、溶け合う、共鳴し合う そして、体も、心も喜び満たされる。  

信頼が育つと物事はうまくいき、人との共鳴は関係性を潤滑に運びます。 


しかし、この資質や能力の裏側に隠れた側面も同時に経験されます。  

嫉妬、裏切り、憎しみ、暴力、カオス、その後に起こる症状は 

無気力、恥、混乱、不感症、無関心、自損喪失、競争、過小評価、などなど。 

大なり小なり、私たちはこの天国と地獄の間をうまく生き抜いていきます。 


愛と憎しみ、この1つのコインの裏表の仕組みを知るのが ダイアモンド・ロゴスです。

 

精神世界では、マインドのなせる技だと一言で済むかもしれません。 

だからと言って、そこから自由になるのは簡単ではありません。 

まずは、その仕組みをよく知ることが大きな助けとなります。 


心理セラピーにおいては問題に注目することだけでは解決しません。 

内的リソース、生来の資質や能力に蓋をしているものは何か? から始めることで

神経症的外層の症状の根本原因を開いていきます。 


ダイアモンド・ロゴスのワークはとてもシンプルですが、 

とても深く私たちの本質に働きかけることができます。 


その基本は、人として生まれ持つ生来の資質と能力に蓋をしているもの 

それを知り、徐々にその蓋を柔やげていきます。 

まるで、生まれたての赤ちゃんが 初めて自分の能力を知り、

驚くようにそれが体験されます。  


------------------------------------------------------------------


最初のコース:

『DLTの紹介と、イエロー・エッセンス&ソウル・チャイルド』

日程:2018年7月5日〜8日

会場:東京都品川区西五反田

お問い合わせ:info@healingart.jp

オフィシャル・サイト:https://diamondlogos-japan.localinfo.jp

Diamond Logos Japan

ダイアモンド・ロゴス・ジャパン

0コメント

  • 1000 / 1000